三条の印刷会社なら第一コンピュータ印刷株式会社 略してイチコン

  • 三条の印刷会社イチコンのスローガン
  • 三条の印刷会社イチコンの社長メッセージ
  • 三条の印刷会社イチコンの会社概要
  • 三条の印刷会社イチコンの会社沿革
  • 三条の印刷会社イチコンへのアクセス
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフ紹介
  • 三条の印刷会社イチコンの各種印刷
  • 三条の印刷会社イチコンのデザイン制作
  • 三条の印刷会社イチコンの動画撮影・制作
  • 三条の印刷会社イチコンのカメラ撮影
  • 三条の印刷会社イチコンのディスプレイ・店舗装飾
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフ紹介
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフアンケート
  • 三条の印刷会社イチコンの募集要項
  • 三条の印刷会社イチコンの求人に関するQ&A

LINE@正規代理店

カテゴリー:BLOG

ようやくブログ完成です!!

それでは改めて・・・。

イチコンは2018年10月より「LINE@正規代理店」になりました!!

今回は代理店になった経緯とそれまでの道のりを紹介しちゃいます。

それは今年の7月頃の出来事でした。

会社の電話がプルルルル・・・・。

「ラインの方から電話が入っているのですが・・」


「ラインってあのみんなが使っているLINE??」

「多分そうだと思うんですけどー」

っということで電話に出てみたところ
「御社のWEBサイトを見させていただきまして、ぜひLINE@の
正規代理店にならないかなーと思いまして電話しました」

っとのことで、正直当時はなんのことやら深く考えていません。
ただ、何かしらの単なる売込み話しではないことはよくわかったので
テレビなどで見るあのLINEの社員さんと会えるんだったら
とりあえず会って話を聞いてみようってなことで、アポを承諾。

ハッキリ言って単なるミーハー魂です。

そして、当日はきた。

どんな人がくるんだろう・・・ドキドキ。
もしかしたらIT感バリバリでTシャツにジーパンなんかできちゃうんだろうか・・・。

そして時間ピッタリに登場されました。その男の印象は「THE 好青年!」
服装は意外と普通というか、オシャレなビジネスマンって感じ。
年は20代後半??

私とうちのスーパー営業部長Yとで色々と話しを聞かせてもらって、
イチコンの取り組みや理想も話しして、たまにミーハー魂で
「今度新宿の本社行ってもいいですか!」とか
「社内でビリヤードできるんですか??」っと聞きまくりながらも、
なんだかんだで2時間近くお話しさせていただきました。

まぁすごい倍率の中でLINEに入社した人だけあって、
営業力さすがって感じでした。ガシガシでもなくヘニョヘニョって感じもなく
誠実だけど明るい感じで気持ちよく商談させてもらいました。

そんで、代理店の契約をするか否かは少し待ってもらうことにして、
でもその翌日にはワクワクと気持ちが舞い上がってきて・・・っというのも
イチコンではほんと偶然のようだけど、LINE@を使った販促のサポートをしながら
ビジネス展開ができないものか・・・。っと半年前くらいから考えていたのです。

そんなところにこの話だったので、迷わずGo!です。

そして、契約のやり取りを何度かして、販売目標とか計画を考えて・・・。
しかし!!ある日から、LINEの担当さんが音信不通に・・・・。
んん??
それから2〜3日が過ぎ。これは夢だったのか・・・・。
それにしてもリアルすぎる夢だったなー。
なんて思っていたらメールが1通届きました。

「私事で恐縮ですが、怪我してしまってしばらく会社を休むことになりました・・・」
オーノー。
まぁ気の毒ですがしょうがないですね。
そして、新しい担当者がつきますってことでその方とメールのやりとりを2,3回。

そして一度テレビ会議で話しをすることに決定。

そしてその日がやってまいりました。

テレビ会議がつながり、ご対面!

そこには3名が登場。しかも木目調のカフェみたいな部屋で
なんか今時の会社だなーって空間に3人が横並びに。

登場した人物1.オシャレひげがよく似合う笑顔がさわやかな若手風イケメン男性。
登場した人物2.若くしてエリートになりました感漂うクールガイ。
登場した人物3.キャリアウーマン感漂うショートカットがよくお似合いの女性。


さて、この中で誰がボスだったでしょうか・・・・。

やはりボスはクールに決めないとダメです。ってことで2番ですね。

まぁいずれの方も、やはりオーラがありました。さすがLINEって感じです。

まん中のボスは、スタバのようなコーヒーをストローでたまに飲みながら
クールに話しを進めていき、「このスタンスLINEっぽいぜー」なんて
根拠もなくワクワクしながら、でもちょっぴり厳しいことも言われながら会議終了。

後日に新宿のLINE本社に立ち寄る機会があったのですが、
社内であのスタバのようなおいしそうなコーヒーは、オフィス内にカフェあって
きっと皆が飲めるものなんですね。羨ましい限りです・・・。

LINE本社の様子。まるで巨大カフェのようなオフィス。
どなたが社員さんでどなたが来客ももうわからない・・・。全体的に賑やかな印象です。

同じオフィス内に畳で寝れるゾーンがあって、何人か寝ていました。
これで集中力アップ!なんでしょうね。さすがLINEって感じです。




その後、何度かテレビ会議を重ねていくわけですが
知れば知るほど、「正規代理店」なんて言うだけなら簡単ですが、
代理店ってことは、LINEの一員になるようなことでもあり、
よって、LINEが目標とする販売計画の当事者にならなければいけないって
ことで、色々と勉強や努力して目標達成を目指す日々がはじまっています。


そして今も続いていて奮闘中!

でも、LINE本社の方々が、イチコンがしっかり販売できるように
サポートしてくれているので、辛くもとありがたい限りです。
こんな機会はなかなかないですね。

LINE新宿本社とイチコン本社とイチコン北陸支店を繋いでテレビ会議。
 便利な時代になりました。

イチコンの営業マンも営業ルーティンが変わった部分も多々あり
大苦戦していますが、LINE本社より支援や刺激をいただきながら
どうにか持ちこたえています。


そろそろ、文章も長くなってきたので終わりに向かいたいとは思うのですが
イチコンにとってLINEは思い入れあるツールなのでそんなお話だけさせて下さい。

イチコンはもともとは「コンピュータ伝票」と言われる印刷物が多くて
それで社名が「第一コンピュータ印刷」なんですね。

時代は変わり、伝票類の印刷物がなくなり始めた時代に、少しお仕事いただいて
いたのが「新聞折込チラシ」のデザイン業務でした。

そこで、ここからは新聞折込チラシの得意な会社になるぞ!ってことで
大型の印刷機も入れたりして、ここまでやってきたところ「お店」のお客さんが
増えたこともあり、お店のチラシに限らず、POPとかDMとかお手伝いさせて
もらう機会が増えたんですね。

ただ、時代はデジタル化で印刷物も減少していく中、会社の方針として
「印刷物」(もの)を売るのでなくて、「情報を提供できる会社」になろうってことになり
情報の中でも人々を「わくわく」させれるもの。

例えば子どものころに、おもちゃ屋さんのチラシを見てワクワクしたあの感じ。

色々と考えて「広告」や「集客」のキーワードで地域1番くらいは最低でも
目指そうってことになったんですね。

そんな中、LINEはまさにドンピシャなツールでした!。
フェイスブックやツイッターなどのSNSは、どうも直接的でなくて
噂を広めるって印象があるのに対して、LINEは基本的にSNSでなくて
チャットツールなので、相手にダイレクトに伝えられますよね。

紙媒体でしいて近い効果を得られるとしたらDMでしょうね。

だから、紙でなくてもテンション高いツールなんです。
しかも、費用対効果の可能性は正直、紙よりも無限大にあると思います。

そんなこんなで、イチコンはLINE@を通じて人々にワクワクするような
情報を提供することに燃えております!

あれ、、、このブログ。気づけば「LINE@」の説明がまったくなかったですね。

皆さんが普段使っているLINEは「人と人」なんですがLINE@だと
「お店と人」が繋がる仕組みです。まぁこんな単純ではないんですけどね・・。
詳しく書きだすとあと100行くらいいっちゃいそうなので
ぜひ弊社WEBサイト内の「LINE@」ページをご覧ください!
詳しい情報が載っています。

では最後までありがとうございました!!

三条の印刷会社「イチコン」
新潟県三条市の本社社屋

新潟三条本社
〒955-0055
新潟県三条市塚野目
3-20-24
TEL 0256-38-1661
FAX 0256-38-1662

北陸支店社屋

北陸支店
〒921-8051
石川県金沢市黒田1-200
ケイツビル1F
TEL 076-259-0070
FAX 076-259-0071

Copyright ©第一コンピュータ印刷株式会社. All Rights Reserved.

トップ