「シリーズブログ -その2-」裏館小6年生が三条市の魅力を動画で発信! 子ども制作クルーがいよいよ緊張のロケに出陣!

  • 三条の印刷会社イチコンのスローガン
  • 三条の印刷会社イチコンの社長メッセージ
  • 三条の印刷会社イチコンの会社概要
  • 三条の印刷会社イチコンの会社沿革
  • 三条の印刷会社イチコンへのアクセス
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフ紹介
  • LINE公式アカウント代理店のビジネス運用支援
  • イチコンの各種印刷
  • イチコンのデザイン制作
  • 動画広告はイチコン
  • イチコンのスチール撮影
  • イチコンのディスプレイ・店舗装飾
  • 三条の印刷会社イチコンの採用情報TOP
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフ紹介
  • 三条の印刷会社イチコンのスタッフアンケート
  • 三条の印刷会社イチコンの募集要項
  • 三条の印刷会社イチコンの求人に関するQ&A

「シリーズブログ -その2-」
裏館小6年生が三条市の魅力を動画で発信! 子ども制作クルーがいよいよ緊張のロケに出陣!

カテゴリー:BLOG

今回はイチコンのビッグプロジェクト3回シリーズブログの第2弾です!

三条市立裏館(うらだて)小学校の6学年が「三条の魅力を動画でPR」ですが、事前の授業で絵コンテやシナリオ、役割分担を確定させていよいよロケに出陣です!

ロケ場所は「三条市立大学」「一ノ木戸小学校」「諏訪田製作所」に決まり
今回のブログでは12月1日ロケの諏訪田製作所さんでの様子をお伝えしちゃいます!

ロケ当日はあいにくの雨模様。
こんな天気でも諏訪田製作所さんの外観は映えます!さすが三条が誇る世界のSUWADA!
SUWADAのキレッキレの爪切りを知らない三条人はいないでしょう。

この建物に裏小軍団がバスで登場です!

こんな大きなバスでロケ地に到着なんて大手テレビ局のロケ以外に見たことがありません!
諏訪田製作所の雰囲気にこの青色スクールバス。かなりいい味出てます!

続々と小学生のロケクルーたちが入場します。

学校の赤白帽?をかぶっている子とそうでない子がいて謎ですが、この帽子をかぶっている男の子が後にディレクターとして大活躍します!

まずは諏訪田製作所さんの広報担当の斎藤氏に挨拶。
この斉藤氏とってもいい人でした。そしてちょっとイケメン。
諏訪田さんは社員もどこかかっこいい。きっと寝ぐせで出勤とか許されないでしょうね。
(勝手な想像です・・・)

子供たちは礼儀正しく「よろしくお願いします!」と挨拶。
この辺が先生方の教育が行き届いています。さすがです。

しれっと、いやドドーン!とジャイアント馬場さんが乗っていたキャデラックが飾ってありますが意外と子供たちは微反応。きっとロケに集中と緊張していたのだと信じたいです。。


今回は新潟日報の記者さんが取材にきてくれていました。

これに子供たちは「えーー日報来てるじゃん!!」「マジでマジで!」「私たち新聞に載るのーー!?」「えーー!顔出ちゃうの!?!?」と見事な反応!!
因みにこの反応の8割が女子です。男子は「ふぅーん」みたいな様子が多い感じ。
「本当は嬉しいんじゃないの~」っと筆者は思うのでした。
いいですよねーこういう女子のパワー。大人女子でもよく見る光景です(笑)
6年生女子はもう大人ってことですね。

そしていよいよ撮影スタート!

まずはディレクター役とレポーター役の子が、丁寧に流れやインタビュー内容を説明します。
この辺から表情が子供からプロっぽい表情に変わってきた様子。
小学生だからって、ガヤガヤしておらず真剣モード。ぜったいに教室いる時のほうが騒がしいはず!ですが、真剣モード全開。まさにプロの現場です。

カメラマン、音響さん、照明さん、ADさんの子たちもイチコンスタッフからレクチャーを受けて真剣に準備をします。

ついに本番!!

レポーター役の子が階段を下りながら登場するというなんともシュールなシーン!
何度かNGシーンもあったけど、メチャクチャかわいらしいシーン。
動きのある撮影シーンまで考える本格派です。

階段を下りてきてからの広報担当、斎藤氏へのインタビュー。
確か7つくらい質問していていました。
よく忘れずにスラスラとインタビューできるな~っと思いきや、しっかりADさんがカンペを用意してくれています。
完璧です!!

最初の撮影場所を終え、次の撮影場所へ移動。
次は女子のレポーター2名にチェンジします。 「せーの、って言っちゃう?」「せーの、の「の」に合わせて言う??」 などなど2人になると微妙なタイミング合わせも大変です! でも子供たちが自発的に考え動きます。

この辺りから、ディレクターさんも要領をつかんできたのか本番スタート時の
「本番前! 5!・4!・3!・〇・〇!」「OK!!」の声が大きい声で鳴り響きます!
プロの現場では「2・1」は言わないことが多いです。
なんとなくテレビなんかで見たことありますよね。この辺りはプロ仕込み。

撮影が漏れていたシーンや、インタビューが漏れていたことにもよく気づいてくれます。
超冷静なディレクターのさばきっぷりに大人たちも「ほほぉ~」っと声を揃えてました。
ディレクターさんのこういう仕切りが、現場を明るくするんですよね~。
ほんと我々のプロの現場でもディレクターさんの雰囲気次第で良くも悪くもなります。

第二の撮影場所では先生も協力出演。女子レポーターが入り口を潜ると、そこには爪切りのショーケースを見ている先生が!っていうすごい設定!!面白くなってきました!
先生は自腹でSUWADA爪切りを買って、感想をコメントしていたという噂です・・。(あくまでも噂です・・・)
子ども達が容赦なく「先生、買ったんでしょ~」とイジり倒すシーンは平和の象徴です。

撮影シーンではレポーター役の子ども達よりも明らかに先生の方が緊張している様子。
先生の必死に噛まないように話すシーンが特徴的でした。子供たちの手前ミスれなかったのでしょう。
撮影の「OK!」直後の「俺の方が緊張したよ~」っとこぼす先生の姿を筆者は見逃さないのでありました・・。

撮影シーンも多い現場だったので、ADさんもカンペづくりに大忙し!!

決してADも脇役じゃありません。とても重要な役割をこなしてくれています。

イチコンスタッフの「人間ジンバル」とも言われているカメラマンN氏も心配そうにアドバイスをします。
でも手は出しません。あくまでも子供たちの作品として仕上がるように願います。。

そうこうしている内に幸いに外の雨が小降りに!
今こそ!と屋外撮影に現場を移動。
屋外では、風の音で音響マイクがボーボー鳴らないようにフードカバーも装着!

また雨が降ってしまわないように、サクサクと屋外パートの撮影を完了!

4箇所くらいの撮影現場を2時間かけずに、無事問題なく終了です!

完了後もしっかりしています。
お世話になった方々へ、最後はしっかり感謝の挨拶をしてくれるのでした!

しかしイチコンスタッフは3人中2人が長髪。これ謎です。
動画業界で流行っているのだろうか・・・。まぁなんかプロっぽいので良しとしましょう!

無事にロケが完了し最後は安堵と笑顔で集合写真!

しっかし、小学生ってこんなに雰囲気いいもんですかね~。
子ども達だとほんと絵になります!
とてもよい空間にイチコンも参加できて、楽しませてもらっています!!


そして、残るは編集とナレーションとBGM編集へと続きます。
今回は「編集」は時間の都合上、イチコンスタッフが担当しますが「ナレーション収録」や「BGM選定」は子供たちも大いに関わります。

最後は12月17日の試写会を行って完了です!
さぁ、どんな仕上りになるのか楽しみです!!

ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます!!
次の第3弾ブログが最終になります。乞うご期待!!


シリーズブログその3はこちら↓
「シリーズブログ -その3ファイナル-」裏館小6年生が三条市の魅力を動画で発信! いよいよ完成へ

映像音響の印刷会社「イチコン」にハイブリッド型イベントのPAとオンライン配信もおまかせ下さい
Facebook link Twitter link
新潟県三条市の本社社屋

新潟三条本社
〒955-0055
新潟県三条市塚野目3-20-24
TEL 0256-38-1661
FAX 0256-38-1662

北陸支店
〒921-8051
石川県金沢市黒田1-200
ケイツビル1F
TEL 076-259-0070
FAX 076-259-0071

東京支店
〒162-0803
東京都新宿区赤城下町45番地
(株)マル・ビ ビル2F
TEL 03-3269-4612
 

Copyright ©第一コンピュータ印刷株式会社. All Rights Reserved.

  映像と音響のイチコン ページトップ

当サイトではアクセス解析によるサービス向上のためクッキーを使用しています。